TOP > 大規模修繕工事用語集 > 大規模改修工事用語集「あ行」

よくある質問

 
大規模修繕工事に関する「あ行」をご紹介いたします。
 
   アクリルシリコン樹脂塗料(あくりるしりこんじゅしとりょう)    
      フッ素樹脂塗料とともに超耐候性塗料と称され、フッ素樹脂に非常に近い耐久性を持ちながらも、コストパフォーマンスの良さが評価されています。  
 
   足場(あしば)      
      大規模修繕工事を行なう場合の仮設作業床、従業員の通路などの目的で構成された木製足場、鋼製足場、枠組み足場などの仮設物です。その構成により本足場、一側足場、吊足場などの形式があります。  
 
   アスファルト防水(あすふぁるとぼうすい)      
      アスファルトルーフィングやストレッチルーフィングを高熱で溶融しアスファルを塗布しながら数層張り重ねて施工して防水層とする工法で、熱工法ともいいます。  
 
   アフターサービス      
      大規模修繕工事においても、契約に基づいて、そのマンションの欠陥箇所の補修を無償で行うことになっており、この行為をアフターサービスといいます。管理組合としては、必ず契約当事者間の契約内容に取り入れることです。  
 
   アルカリ骨材反応(あるかりこつざいはんのう)      
      コンクリート中のアルカリと骨材に含まれる成分が反応してコンクリートにひび割れなどが発生し、長期的に劣化する現象。  
 
   安全ネット(あんぜんねっと)      
      水平養生ネットとも呼ばれ、開口部や作業床端などで、作業者の墜落災害防止のために水平に張り使用します。  
 
   浮き(うき)      
      タイルとモルタルの境界面、モルタルとコンクリート構造体の境界面、または、仕上げモルタルとコンクリート構造体の境界面の接着不良が原因となり、隙間が生じ、部分的に分離した状態です。剥離(はくり)ともいいます。  
 
   打継ぎ目地(うちつぎめじ)      
      コンクリート打設作業において計画的に作業を中断するために生ずるコンクリート構造物の継ぎ目をいいます。打継ぎ目ともいいます。  
 
   打放し(うちっぱなし)      
      コンクリートを打ち込んだままの面を仕上げ面とすること。無機質な感触が好まれ、商業ビルやマンション、個人住宅にまで広く取り入れられています。  
 
   上塗り(うわぬり)      
      大規模修繕塗装工事や防水工事などで、仕上げ面として最後に塗りつける層、または塗りつけることを上塗りといいます。  
 
   ウレタン防水(うれたんぼうすい)      
      ポリウレタン系の防水材で、主に塗膜防水やシート防水に用いられます。  
 
   エフロレッセンス      
      ひび割れに雨水などが浸入してコンクリート内の水酸化石灰が、加水分解して水酸化カルシウムを発生させて、コンクリートの劣化を促進させる現象です。白色物質がコンクリートの亀裂部分やタイル張りの目地部分から外へ流れ出し結晶化しています。白華現象ともいいます。  
 
   エポキシ樹脂注入工法(えぽきしじゅしちゅうにゅうこうほう)      
      モルタルやコンクリートの床、壁、天井など浮きや亀裂など部分に、エポキシ樹脂(接着剤や塗料に用いられる合成樹脂)を注入して補修する工法です。  
 
   汚染性(おせんせい)      
      シーリング材の影響によって周辺の仕上げ材がなどが汚れることです。  
 
 

GO top